いったん終了、ぼちぼち院試勉強。 #4

先々週末を持っていったん研究室生活が終了し、先週から院試休みです。院試勉強もぼちぼち取り組みますが、なんといっても2ヶ月間思い切り休みなのですから、後悔せぬよう遊びつくし、院試には役立たずともたくさん勉強します。
 
ピュアな生成物を得る大切さ
最終的に論文に逐次データを掲載することを想定すると、途中途中できれいな状態でモノをとってくることって大事だなと思っています。当たり前かもしれないですが、私は不精なので、あとでいいタイミングでカラムかけてとってこよう、みたいな考えを持っていました。
 
でもラフに実験をする必要性も時にはあるかもしれないな、と
この方向性で大丈夫かどうかを見るために、ラフに実験する必要も時にはあるかもしれないと思っています。せっかく時間をかけてできたものを最終的に試験してみたらダメだったとなったときのショックを想定して、そういうふうにやっています。
 
論文を目標として意識させてくれるのは意欲が高まる
論文でどれくらいの成果が求められるのか(例えば生体内実用だったら哺乳細胞でのポジティブな結果が得られたらOK、みたいな感じ)、ということについて具体的に意見をいただけたのは助かりましたね。
 
知識よりも常識的な実験感覚や数値感覚を身につける
今までは知識メインでしたが、今度はより実務的な面が大事になりそうです。
・どういう精製法をとるのが適切か?(分液, 再結晶, HPLC, カラム...)
・このモル吸光係数の値は正確か?
・どれくらいのスケールで仕込むべきか?
・溶媒量はどのくらいか?
 
研究室は一つのことにどれだけ精力的に取り組めるかが勝負だ
今までの勉強って、多岐にわたる過去の業績をばーっと学んでいく形態が主だったと思います。もちろんそれは、研究のための基礎知識・基礎的思考力として欠かせないものになるわけですが、本格的に研究にとりくむとなると、自分の研究対象とその周辺について専門家にならなければならないわけです。一つのことに集中して取り組める人はいいのですが、私は中途半端で、ジェネラリストとしてもある程度、スペシャリストとしてもある程度、といった具合で、なかなか躊躇ってしまうのです。一つのことに集中しすぎると他が見えなくなってしまってこわいな、という思いもあります。でも、この思いを捨てない限りは何もできないですね。これが勝負どころでしょう。
 
何を勉強しよう
院試勉強以外に何をしようかということですが、バイオアッセイの段階的な流れとか、実験計画法とか、物理量の分析・測定法あたりは知っておきたいな、と。今のところはそんな感じです。あとは、分子軌道とか錯体とか無機化学の総復習(絶賛進行中)、医薬・医療技術の現状把握などがメインになるでしょうか。あ、英語は再び慣れを戻さないと……。
 
合成スキームを見るポイント
 先輩たちから視点を盗むところで、今後得意にしたいなと思っているところです。
こうして書いておかないと、発表を聞いたり資料を呼んだりするときにすぐパッと質問が出ないことが多いと感じたので、面倒ですがこのような形態をとっています。
・使用している溶媒が反応物を攻撃する可能性はないか?(溶媒選択)
・別の位置に攻撃される可能性はないか?(位置選択性)
・攻撃する可能性がある官能基がほかにないか?(官能基選択性)
・逆反応が起こる確率は高くないか?(常に脱水できるようにするとか)
・温度条件は高すぎないか、低すぎないか?
・軌道配置が適切か?(アンチペリプラナー・)
・立体配座は想定できるか? 異なる立体配座の間で容易に平衡が成り立ってしまわないか?(活性化エネルギー)
・nBuLiによるプロトン引き抜きが当量の面できちんとおこなわれていると言えるか?
こんな具合でしょうか。
 
とりあえず勉強がんばります。